夏バテ対策にはうどんや蕎麦を温めて食べる

うどん

夏バテ対策には、冷たいものばかり飲まないことでした。
冷たいものばかり飲んでいると、必ず夏バテをしてしまいます。

どうしても胃腸が疲れてしまい、食欲が無くなってしまいます。
すると、より夏バテに抵抗するエネルギーが無くなり、より酷くなってしまいます。

そんな時には熱めのうどんや蕎麦などを食べるようにしました。
ざる蕎麦では冷えるので、汁に麺を入れて、軽く温めます。
そこに、栄養のある刻んだネギや擦った山芋を入れて食べます。

蕎麦やうどんは胃がもたれるなと思った時には、軽く食べれるそうめんを温めて食べるようにしました。
油揚げを細く切り、それを茹でてた汁に中に入れて、軽く温めて食べるのも効果的でした。
卵があれば、卵を溶きながら入れて温めるのも良い方法でした。
美味しく食べることができ、より多くの量を食べることができます。

蒲鉾や竹輪、水菜やほうれん草も入れると、より夏バテがしにくくなりました。
七味や一味を少しかけて食べると、より新陳代謝も高まり、疲れにくくなります。

他にも夏バテ対策として、ドリンクは常温にして飲むようにします。
冷蔵庫で冷やして飲むと、胃腸もより疲れてしまいます。
下痢や浮腫みの原因ともなるので、お茶や麦茶をボトルに水と入れておきます。

でも、そればかりを飲まず、その間に温かい麦茶かお茶を飲むようにします。
交互に飲めば、夏バテを防ぐことができました。
あまり味を濃くするのではなく、胃に負担がかからないように、少し薄めにするのがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です